ギャンブルにハマってしまったせいで

私がお金を借りたのは親と友人からです。

元々ギャンブルには興味がなかったのですが、

就職活動も終わり、友人と暇を持て余しておりました。

ある時、友人がパチンコに行こうと誘ってくれました。

私は初めて光景に胸が躍りました。

アニメでも大好きだった北斗の拳のパチンコを打ちました。

ビギナーズラックだったのか、すぐに大当たりし、

7万近く勝ってしまいました。そこからハマってしまい、

友人と一緒でなくても一人で打ちにいくようになっていました。

最初の内は勝てていたのですが、気づけば全く勝てなくなっていました。

しかし過去の勝った記憶から行ってしまい、学生時代のバイトで貯めた貯金が

全てなくなってしまいました。それでも行きたいが為に、

友人や親から借りてまで打ちに行きました。

気づけば友人からは連絡を無視されたりと人が離れていきました。

トータル100万近く借りていましたが、

社会人となり給料の中から少しずつ返済し完済しましたが、

ギャンブル通いは続いています。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

就職活動は絶対にお金がかかります。

大学三回生の12月から、怒涛の就職活動がスタートした。

就活はとにかく金がかかるから貯金しておけと、大学の先輩からアドバイスを頂いていたので、地道に五万円貯めていたのだが、おそらくそんなお金はふた月もしない内にすっ飛んだと思う。

絶望している私を見ていた父親が、「当面の交通費に使いなさい」と言って、五千円分の『スルッとKANSAI』カードを手渡してくれた。

父の気持ちは非常にうれしかったのだが、戴いたスルッとKANSAIは、一週間も経たない内に使い切ってしまった。

それからというもの、毎月五千円ずつ、親から借りることになった。

前述の通り五千円では全く足りなかったのだが、残りの交通費諸々は自分でどうにか補っていたし、五千円があるかないかで随分と苦楽が違った。

私の就職活動は13ヶ月行われたので、月五千円ずつの借金、途中返済は一度もしなかったので、計65000円をバイト代で一気に支払った。

就職活動は、もう二度としたくない。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

給料日前にお金がなくなった時の対処法

もしお給料日前にお金がなくなれば、たぶんクレジットカードのキャッシングをすると思います。

とくに新たにカードを作る必要がありませんからね。とくに希望しなくても、手元にあるクレジットカードには、大抵キャッシング機能が付いています。昔、とくに申請をしていないのに、親切に枠を広げてくれました。カード会社も出来れば、貸したいのでしょう。

というのも、クレジットカードのキャッシングの金利は、決して低くありません。今は、最高で18%ですが、昔はもっと高かったです。だから利用した時は、出来るだけ早く返すようにはしています。それでも

これからも利用はさせてもらうと思います。やはり緊急時には助かりますからね。最近は少なくなりましたが、若いころは給料日前でも合コンとかをやっていました。

若いころは、その誘いを断る勇気もなくお金がなくても遊んでいました。あると便利なキャッシング機能。

まあでも、そろそろ卒業しなくてはいけませんね。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

食事はあるものでなんとかする

ある程度お金の管理はしているものの、どうしても急な出費が続いたり、買いたいものがあったりして月末はカツカツになることがありました。これ以上の出費は無理、というときは寄り道をせず家に帰り、おとなしくしているのが一番です。
クレジットを使えば支払いが先になりますが、出来るだけそれは避けたいので、本当にピンチの時は飲み会の誘いも断ります。

そんな状況でもかかるのは食費ですよね。これだけは給料日食べないで我慢しようというわけにはいきません。

私はカツカツになった時にというわけではありませんが、何かに備えて乾物やレトルトなど、お買い得になっているときに多少買いだめしておきます。

そうすれば冷蔵庫が空でも何も食べれない、という状況にはなりません。
数日我慢すれば給料日だったらダイエットついでに、あるものでなんとかすればいいのです。ご飯も多めに炊いたときに冷凍したものがあれば十分ですし、結果的にやりくり上手にもなります。
余裕を持って生活する方がいいですけどね。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

100万円の使い道をよく妄想しています

手元に100万円あったとしたら、まずは両親に温泉旅行にでも行ってもらいます。(予算10万円くらい)

普段、親孝行をまったくしていないので、温泉に浸かってゆっくりとしてもらい、美味しい物をお腹いっぱい食べてほしいと思います。

次は、家電を買い替えます。

我が家のテレビは、まだブラウン管テレビなので、4Kテレビが欲しいです。(予算50万円くらい)

冷蔵庫やエアコンもだいぶ古い物を使っているので、最新の物に買い替えたいです。(予算20万円くらい)

シューズケースやテレビ台などの家具も古くて汚いので、新しい家具を購入したいです。(予算10万円くらい)

残りの10万円は、私が自由に使いたいと思います。

焼肉も食べたいし、洋服や腕時計も欲しいです。

100万円あったらどうしようと、よく妄想していますが、結構すぐに使いきってしまいます。

実際に100万円を手にする事はきっとないので、節約して自力で購入するしかなさそうです。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

家でおとなしく本を読みます

食材は、まとめて買う派なので、給料日前だからといって、足りなくなることはほとんどありません。

ポイントとしては、その一週間あたりの、メニューをだいたい決めておくこと。そうでないと、後で足りなくなってしまうこともあり得ますから。

節約の一番の「敵」となるのが、外出です。飲み会などに誘われたら、もうアウトですよね。

1人で出かけるとしても、ついつい何か欲しくなってしまいますし、途中で何か食べたくもなります。

だから、一番いいのは、家でゆっくりしていることです。

外に出なければ、お金はかかりませんから。

但し、ネットもあるので、そこは、もう理性で抑えます。

PCを使わずに、本でも読んでいるのが一番。

本は勿論、前々から、図書館で借りて置きます。

本なんて買ったことほとんどないです。今はどこの図書館も充実していますから、こんな時期のために、読みたい本を借りておけばいいのです。

節約しつつ、充実した一日が過ごせると思います。

後は、無事に給料が振り込まれるのを待つだけですね。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

我慢していたものを取り替える

100万円って、多いようで、実は少ないのです。

それをすぐに使うとしたら・・・。

多分、100万円のものは買わないでしょう。

私なら、「あー、これ買い替えたいな。でもお金ないし」と思っていたもの、すべて買い替えます!

例えば、トイレカバー。8年くらい同じセットを使っています。

これを、いつもは一番安いセットを買い揃える所を、1ランクアップして買い替えます。

それから、机。私のPC用白い机は、あちこち塗装がはがれて、半分茶色。これを買い替えます。そんなに高くなくていいのです。3,4万あったら、それなりのものが買えるでしょう。

布団も欲しいな。10年使って、ふちの部分がボロボロ破れてきています。子供が嘔吐したりおもらししたり、汚れているものもありますし。

家族4人分!

カーテン・茶碗そんなものを、片っ端から。

一気に替えると、色や雰囲気を統一できそうで、それもいいですね!

でも、正直、全部やったらどれくらいかかるのか、100万円じゃ多いのか、足りないのかも分かりませんけれど・・・。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

主に自炊して乗り切ります

お給料日前ににお財布が寂しくなってきたら…

まずは自炊を徹底します。私は毎月、給料日すぐに食材の買い出しをしていて、特に肉類はまとめ買い後に小分けして冷凍保存しています。これらを上手く使ってお弁当まで含めて、食事は家にあるもので賄います。もっとヤバい時にはおやつも自作。小麦粉、砂糖、卵があれば色々作れますし、お餅を砂糖醤油で食べてもいいし…

コーヒーや紅茶、お米もまとめ買いしたものを使っているので、お財布ピンチ時にはこれらを上手に使い、外で使うお金を極力減らします。ペットボトル飲料を買わないだけでもだいぶ違ってきます。

よりピンチな時は、それまで貯めたポイントの類を上手く使って買い物をします。楽天やツタヤのポイントは色々なシーンで貯まるので、1000円くらいにはなります。

その他の節約方法、特に給料日前というわけではありませんが…冬場はお風呂の回数を減らしています。ガス代が結構浮くのです。全く入らないわけにもいきませんので、1日おきくらいにしています。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

親から借金返済のために借りた100万円

10年前の話になりますが、以前パチスロにハマっていた私は、給料のほとんどをパチスロの遊戯代金として使っていて、生活費と呼べるものはあまりありませんでした。そのため、給料日前になってしまうと1000円で1週間過ごしたことも何回もあります。

そんな時にキャッシングの存在を知り、遊び代として借り入れした最初の5万円があっという間に100万円まで膨らんでしまい、返済生活に追われることになります。それをある時両親に知られてしまい、3時間程度の説教の後に返済のための100万円を貸してくれたのです。

この時に初めてもう借金は懲り懲りだと心底思いました。それからは給料日になる度に両親に少しずつ返済をしていき、何とか借りた100万円を返済することが出来ました。今ではキャッシングに手を出そうとも思いませんが、気軽に借り入れ出来る部分についてはやはり魅力的です。だからこぞこれから借り入れの申し込みをしようと考えている方には、もう一度よく考えてから決断して欲しいと思います。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。

総量規制とキャッシング枠について

2010年に総量規制を対象とした法律が施行されました。
この法律は、消費者金融やクレジット会社などからの借入金をキャッシング枠を規制しています。
年収額の3分の1以内に規制されているのです。
仮に年収が300万円の場合、キャッシング枠は合計で100万円以内になります。
キャッシングは、銀行などの借入金みたいな面倒な審査や担保、保証人を要求されることはなく、割合、審査も年収の3分の1の範囲内であれば通りやすい面があります。
そのため、消費者金融やクレジット会社以外にも銀行などもキャッシングを扱っていますが、総量規制の対象になっているのは消費者金融などだけで、銀行は対象外です。
但し、この総量規制の対象外になっているのが、住宅ローンやマイカーローン、医療費ローンの3つです。
これは生活に直結しているのと、もともとの金額自体が高額だからです。
この総量規制は、多重債務者の保護を目的として施行されましたが、対象としているのが消費者金融やクレジット会社などのため、非常に多くの人がこのキャッシング枠に引っかかってしまうのです。
現在もキャッシング枠に対する規制もあるため、制限はありますが、特に医療費については生命に直結することから、キャッシング枠を広げたい場合には、銀行系のキャッシングについて口座を開設するなど、この総量規制の内容を検討の上、行動することが大切です。
また、キャッシング残高に応じた金利設定をしている金融機関もあるので、こうした面で選択することも大事です。

カテゴリー: キャッシングについて | コメントは受け付けていません。